マントラの練習

日々、色んなことがある中で、アーサナやプラーナーヤーマなどの練習に支えられて、ヨーガの存在に本当に感謝しています。

それでも、マインドが安定していない時、

内側があまり良い状態じゃないな、と感じる時、ありますよね。

頭の中で同じことを繰り返し考えていたり、落ち着きなく目に止まるものあれこれに気がいったり、もやもやする時。

頭では分かっているのに、なかなか切り替えができない。

そんな時は、ヨーガの練習の中でも、マントラは本当にお薦めです。

マントラは、【音の瞑想】と言われています。

古代の聖者が深い瞑想の状態にいるときに聴いた、神聖な音です。

全ての音は、サンスクリット語というインドの古代の言語です。

日本語には無い音なので、しっかり集中して聴かないと唱えることができません。

不要なことを考えたり、思ったりするスペースはありません。

そして、ご自身の声を使います。

学び始めたときは出来る範囲で、大きな声をお腹から出すようにして唱えます。

お腹から真剣に声を出すことは日常ではあまり無いので、それだけでも気持ちや姿勢がスッとして、とても気持ちが良いですよ。

また、声には、自分の内側の色んなものが表れます。

唱える声を通して、自分の今の状態に気づいていくこともできます。

そんなふうに今の自分に気づきながら、繰り返し、繰り返し、唱えることに集中していると、練習が終わった時には、マインドがすっきりと切り替えられて、クリアで軽い状態になっています。

本当に、素晴らしい練習です。

この古代から続く練習の方法は、基本的には1対1マンツーマンで行います。

現在は、オンラインでのみご新規の生徒さんを受け付けています。

ご興味がある方は下記のフォームより、ぜひお問合せ下さいね。


マントラについて詳しく知りたい方は、こちらのページをどうぞ。

マントラのプライベートクラスについて詳しく知りたい方は、こちらのページをどうぞ。