講師紹介

初めまして。小林珠美(こばやし たまみ)と申します。

スポーツが苦手でも体を動かしたいという思いから、ホットヨガを始めました。できないポーズがあることで落ち込んだりしながらも、もっとヨガが知りたくなり、様々なスタイルのヨガクラスを受講しました。

続けていくうちに、本当のヨガどういうものなんだろう?ますますヨガが知りたくなりました。

そんな中、クリシュナマチャリア師の教えを指導されている宗近幸代先生に出会いました。

数千年昔にインドで生まれ、伝え継がれてきたヨーガは、体を動かすことだけでなく、修行みたいな堅苦しいものでもなく、一人ひとりの違いや元々持っている個性を尊重した教えだと知りました。その人がその人らしく、ありのままでいられること。クリシュナマチャリア師の教えのヨーガの中には、小さい頃から憧れていた生き方が詰まっていると感じました。

ヨーガを学べば学ぶほど、ヨーガの持つ癒す力、個性を尊重するという美しさ、何千年もの長い時を途切れることなく大切に受け継がれている先生方、ヴェーディック・チャンティングの美しさ・・・心から感動しっぱなしです。

その出会いから、宗近幸代先生よりヨーガとヴェーディック・チャンティングを学び続けています。

私はクリシュナマチャリア師の教えを学び、ヨーガの練習を続けることで本当に癒され続けています。

ヨーガは、スタジオでクラスを受講している時だけのものではありません。日々の中で気持ちが揺れている時、疲れた時、または、活動的で忙しい時や前向きな気持ちのサポートにもなる、毎日の生活の中で活用、サポートしてくれる教えです。

ご縁のある皆様へ、ヨーガをお届けできますよう、お役に立ちたいと思います。

1973年生まれ

2005~ ヨガを始める

2009~2012 神奈川県藤沢にあるヨガスタジオ ジョーティにて、宗近幸代先生、Chaki先生より指導を受ける。KHYF yoga teacher trainingを受講

2012 KHYF yoga teacherライセンスを取得

2018 南インド・チェンナイにあるKHYFにてバガヴァットギーターセミナーを受講

以降も定期的にヨーガとヴェーディック・チャンティングのプライベートクラスを受講し、学び続けています。

MANI(マニ)は、サンスクリット語で【宝石】という意味を持っています。

MANI(マニ)は、サンスクリット語で【宝石】です。

ヨーガをする事で癒され、そして前向きな方へ、あなた本来が持つものを輝かせれますように。

そんな思いが込められた、宗近幸代先生からいただいた大切な名前です。