Mantra

音の瞑想とも言われ、

mantraには、私たちを守ってくれる、という意味がある古代に生まれた神聖な音です。

クリシュナマチャリア師の教えには、アーサナ(ヨーガのポーズ)以外にも、沢山の素晴らしいヨーガの練習のツールがあります。

その中でも特徴的で欠かせない練習に、マントラを唱える方法があります。

マントラとは?

マントラは、インド最古の言語のサンスクリット語で、神聖な音、聖音のことを言います。

音の瞑想とも言われ、mantraには、私たちを守ってくれるという意味もあり、古代に生まれた神聖な音です。

そして、全てのマントラは前向きな良い影響を与えます。

言葉の意味を知らなくても、サンスクリット語の音はとても美しく強く、聞く人、唱える人、共にとても心地良く、癒されます。

ヨーガやマントラが生まれた数千年昔の古代から、自然への深い尊敬の気持ちを持ち、同時に、自然が持つ偉大な力を強く信じられています。

太陽、月、大地、水、炎、など、自然を表すマントラや、健康、癒し、平和などを祈るマントラなど、様々な美しいマントラがあります。

お腹から声を出して唱えるのでとても気持ち良く、その音は身体の内側を旅するように、ヴァイブレーションとして響き、私たちの内側にある心に届きます。

そして、その音自体や音の持つ力を感じられたり、音が持つエネルギーを頂くことができます。

癒しの効果も高く、本来持つ内側の力や強さを養い、前向きに生きていくためのとてもパワフルなヨーガの練習方法のツールの一つです。

クリシュナマチャリアの教えでは、マントラ、またはヴェーディック・チャンティングと言うこともあります。

ヴェーディック・チャンティングは、インド最古の教えと言われるveda(ヴェーダ)を詠唱することを英語で表しています。ヴェーダには私たち人間が生きていく上で必要なこと、大切なことが全て書かれていると言われる広大で神聖な教えです。このヴェーダの一語一語をマントラといいます。

マントラは、クリシュナマチャリアの教えでは、欠かせない練習方法です。

様々なクラスで、マントラを体験していただけます。

マンツーマンで行うマントラクラス、シンプルな短いマントラをアーサナや呼吸法などとともにヨーガの練習を行うヨーガのグループクラスがあります。

また、マントラを体験してみたい方には、ヨーガスタジオ スワルーパで毎月第1土曜日に行われているチャンティングサークルもお薦めです。

チャンティングサークルは、世界的なコロナによるパンデミックを機に、スタートした無料のオンラインサークルです。